株式会社岸田工務店

京都・宇治で新築一戸建てを建てるなら、注文住宅の岸田工務店

ホームに戻る 家づくりの流れ TDホームの構造 TDホームの性能 プランニング・資金計画 敷地調査のお申し込み 土地情報
g_menu
       

次世代省エネハウスってどんな家?




次世代省エネ基準

「次世代省エネルギー基準」(以下次世代省エネ基準)は、1999年(平成11年)3月に改正告示化された 「住宅に係わるエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断基準」及び「同設計及び施工指針」の ことをさします。この基準は、1980年(昭和55年)に初めて定められ、1992年(平成4年)に一度改正 されましたが、地球環境を守る京都議定書の締結以降に21世紀の住まい作りに照準を合せて、1999年に 全面的に改正されました。基準値をクリアする断熱材で、高断熱・高気密化の住宅を造ることで、快適 な屋内環境を維持しながら、冷暖房による消費エネルギー量を1992年の基準より20%削減することを 目指しています。あなたの住む街の区分の詳細は国土交通省の地域区分をご確認下さい。




光熱費がとってもお得です!

次世代省エネ基準の等級4の家なら、等級1の家と比べて年間60%も冷暖房費が節約できるから大幅な削減に繋がります。








断熱・気密化された住まいは、どの空間でも均一の室温を保ち、床と天井付近の温度差も小さくなります。



基準に従い正しく施工された住宅では、壁内の結露を防ぎカビを発生させません。また、構造躯体の腐食を防ぎ、家を長持ちさせます。

24時間換気システムにより常にキレイな空気を保ち、健康的な暮らしを実現します。

 
 

TOPに戻る